kitano

神戸とファッションといえば結びつきが強いイメージが世間一般にあるかと思います。
それは神戸の港町としての歴史が長いということが関係しているのでしょうか?いち早く海外の文化に触れることができたというのはとても大きなことだったのでしょう。
そして、その神戸のファッションはエレガントなものが多いというイメージもあります。特別神戸に富裕層が多いというわけではないかと思うのですが(隣の芦屋には多いですが)、神戸北野に代表されるようなお洒落な街の佇まいから神戸=エレガントという方程式ができあがるのでしょう。
上記のようなことから神戸では一地方都市としてはアパレルのブランドの本拠地やファッションショーが多く存在しています。それはやはり神戸がファッション都市として証でもあるのでしょう。
エレガントなファッションといえば、若者のファッションというよりは30代以降の女性向けのファッションを指すことが多いと思われます。子育ても一段落し、経済的にも時間的にも少し余裕のある層に支持されるものでしょう。
そもそも、この年代はいわゆるバブル経済の恩恵を少し受けた世代でもありますので、ファッションにしろライフスタイルにしろ、ゴージャスなものを求める傾向にあります。もちろんそれはエレガントなファッションスタイルにも直結するのです。
神戸の山側にはそういった層が多く住んでおり、また港町神戸として長い歴史そういったものが相まって神戸のエレガントなイメージ、そしてファッションスタイルが形成されているのでしょう。