神戸を代表するものといえば、港、グルメ、神戸牛、スイーツ、夜景、異邦人館などさまざまなものが思い浮かびますが、ファッションも代表的なもののひとつと言えるのではないでしょうか。
神戸のファッションはとても独自のスタイルを持ち、現在も日々発展しています。
隣の京都のファッションスタイルは「和」というイメージが強いと思いますが、その反対に、神戸のファッションスタイルはまさに「洋」というイメージが一般的に強いと思います。
歴史から見ても港町であるがゆえに、古くから諸外国との貿易も盛んであったことが、いち早く海外のファッションを取り入れることにより、「洋」のイメージの強いファッションスタイルに発展させていったのでしょう。
神戸のファッションスタイルは、華やかでいて、落ち着いた上品な雰囲気で、高級感溢れるエレガントなイメージなものが多くあります。神戸に特別富裕層が多いわけではないと思うのですが、異国情緒溢れる町並みやその美しい佇まいからもエレガントというイメージが生まれるのではないでしょうか。
実際、神戸の街を歩けば、本当にたくさんオシャレな方が見受けられます。
ke6
10代、20代の若い層から30代、40代の奥様方、50代のミセスの方々まで本当にみなさん、清楚で上品かつ華やかでエレガントなファッションスタイルの方が多いように思います。
やはり、エレガントな街にはエレガントなファッションスタイルが発展していくのだと感じます。